Mission

特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想は、大野一雄舞踏研究所を母体とし、そのアーカイヴ活動を引き継ぐ法人です。

大野一雄舞踏研究所を創設した大野一雄(1906-2010)は、1930年代から日本モダンダンスの先駆者等に師事し、舞踊家として活動を始めました。1960年代に土方巽等と「舞踏」と呼ばれる新たな舞踊形式を創出し、二十世紀の舞踊史に刻まれる優れた作品群を生み出しました。今日、「舞踏」は日本発のオリジナルな舞踊形式、「BUTOH」として広く国際的に知られ、世界の現代芸術に大きな影響を与えています。また、大野一雄アーカイヴは書籍・DVD出版、展覧会開催、ダンスフェスティバル企画等の活動を国内外で展開し、同時にダンスアーカイヴの意義を率先して周知することに努めてきました。

欧米では、ダンスアーカイヴは大学や公共文化施設の中に一般的に存在しますが、我が国では、舞踊学科を置く大学がひじょうに少なく、また文化施設においても現代舞踊の歴史資料保存公開に取り組む公的機関はほとんどありません。舞踊作品は主として舞台で演じられる実演芸術のため、終演後に作品そのものが残ることはありませんが、作品に関連する多くの資料が残されます。この一次資料は、個々の舞踊家、舞踊団、舞踊関係者の元に置かれ、保存されることがほとんどです。こうした「プライベートアーカイヴ」の主な問題点は、運営基盤の脆弱さと資金調達の困難にあります。その結果、世代を超えて貴重資料を保存し公開するための運営が危機にさらされ、甚だしい場合は資料が消失することも少なくありません。このような現状は、舞踊文化の継承に障害とならないでしょうか。

特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想は、大野一雄アーカイヴの活動を引き継ぐと共に、このような問題点に向き合って、新しいダンスアーカイヴの形を模索します。未来のダンスアーカイヴは、舞踊文化の継承と創造に積極的に寄与すべき機関と考えます。従って、私達のダンスアーカイヴは、これまで資料室として扱われてきたアーカイヴから拡張し、ダンスアーカイヴを活用する研究や創作、発表の事業主体として活動する運動体としてのアーカイヴです。

ダンスアーカイヴ構想は次のようなことをおこなうNPO法人です。
舞踏及び日本洋舞史の重要な一次資料の収集、保存、公開
・ アーカイヴ資料を活用するコンテンツ企画制作(公演、展示、出版等)
・ アーカイヴを集積するためのデータベースの開発と普及
先端技術を駆使するアーカイヴ手法の開発と普及(VRなど)
アーカイヴの国際ネットワーク構築
文化施設、教育機関等へのアーカイヴ資料活用の事業提案

ダンスアーカイヴ構想は基本理念に基づき、新たなダンスアーカイヴ構築に向けて理想を掲げ、積極的に活動し、公明正大な運営を行って行きます。皆様方のご支援をお願い申し上げます。

NPO法人ダンスアーカイヴ構想
理事 溝端俊夫

read more

Dance Archive Network’s Fundamental Principles:


The concept underlying the not-for profit organization Dance Archive Network,hereafter referred to as DAN, is to overtake the responsibility of the archives of its acting parent organization, the Kazuo Ohno Dance Studio.

Kazuo Ohno (1906-2010), founder of the Kazuo Ohno Dance Studio, studied under many of the pioneers of Japanese modern dance since the 1930s, before embarking on a solo career as a dancer in the late 1940s. In the 1960s, alongside Tatsumi Hijikata and other Japanese contemporary dancers, Ohno created a new dance form commonly referred to as Butoh, before going on to produce a series of outstanding performances that have been inscribed in the 20th century’s dance history. Nowadays, the original Japanese dance phenomenon of Butoh has attained international acclaim and continues to exercise significant influence on contemporary art forms worldwide. The Kazuo Ohno Archives, which was established to preserve the wealth of material accumulated by Ohno over his lifetime, has continually promoted activities such as book / DVD publishing, multi-media exhibitions, programming dance festival in Japan and overseas, while also taking the initiative to inform the world of the importance of dance archives.

In the Europe and North America, dance archives are generally housed in universities and public cultural facilities; in Japan, however, there are relatively few campuses with a dance department, and moreover hardly any cultural facilities that focus on disseminating historical materials related to contemporary dance. Given that by its very nature dance is a performative act, the work itself is ephemeral and will not continue to exist after the performance; what does remain, however, are the various materials related to its creation, ranging from the initial sketches to the finalized program. Usually, these primary source materials are largely in the possession and preserved by individual dancers, dance companies, as well as those connected to dance circles. The overriding problems facing such “private archives” are their management structures’ vulnerability and the difficulties in procuring sufficient funds to ensure proper maintenance of the archived materials. A management structure capable of preserving and disseminating valuable materials to future generations is thus essential; in some exceptional cases the archive material will eventually disappear. This predicament evidently poses an existential threat to ensuring a permanent transmission of dance culture.

As well as assuming responsibility for the activities of the Kazuo Ohno Archives, DAN also embraces the function of creating a new dance archive system that will grapple with prevailing issues such as permanency and proper maintenance. The dance archive of the future should be an agency that actively contributes to transmitting and renewing dance culture. DAN is thus an archive facility that will expand the concept underpinning existing archives as a reference and store room for historical source materials, while acting as a business entity for research, creation, and performance.

The Dance Archive Network is a not-for profit organization that engages in the following activities:
· Collection, preservation, publication, and dissemination of important primary source materials related to the history of Butoh and Western Dance in Japan.
· Content planning production availing of archive materials (performances, exhibitions, publications, etc.)
· Development and dissemination of databases with the objective of gathering archive materials
· Development and dissemination of advanced archiving methods (Virtual Reality etc.)
· Establishing an international network of archives
· Business initiatives to use archive materials for cultural facilities, educational institutions, etc.

Based on fundamental principles, the Dance Archive Network embraces the ideal of establishing a new form of dance archive built around a just and equitable management structure.

We would appreciate any support that you might be able to give us.

NPO Dance Archive Network
Director: Toshio Mizohata

read more
read more

Archive

ダンスアーカイヴ構想では、チラシやプログラム等の公演資料、写真、映像、創作メモ等、大野一雄・慶人の資料約25,000点を収集しています。今後は、舞踏の源流であるモダンダンスにも視野を広げた資料収集・データ整備を進めていきます。
データ化したアーカイヴ資料は順次公開していく予定です。

  • 土方巽DANCE EXPERIENCEの会 (1960)
  • 「O氏の死者の書」 (1976)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • 「わたしのお母さん」初演 (1981)
  • イスラエル公演 (1983)
  • 「花鳥風月」 (1992)
  • 「御殿、空を飛ぶ」 (1993)
  • 「小栗判官照手姫」 (1993)
  • 「20世紀への鎮魂」 (1999)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • 南米公演 (1986)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」 (1991)
  • 「御殿、空を飛ぶ」 (1993)
  • ソウル舞踏フェスティバル (1993)
  • 全米ツアー (1993)
  • パレ・ロワイヤル公演 (1994)
  • 大野一雄100歳の年記念 (2006-7)
  • 大野一雄百歳の年ガラ公演「百花繚乱」 (2007)
  • 大野一雄現代舞踊第一回公演 (1949)
  • 大野一雄舞踊団モダーンダンス公演 (1953)
  • 大野一雄モダンダンス公演老人と海 (1959)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • ナンシーフェスティバル (1980)
  • ストックホルム公演 (1980)
  • 「わたしのお母さん」初演 (1981)
  • ブラジル公演 (1986)
  • ヘルシンキフェスティバル (1991)
  • 「蜂」 1951
  • 「バラ色ダンス」 1965
  • 「老人と海」1959
  • 楽屋にて 1987
  • 「わたしのお母さん」 1986
  • 「無限祭」にて 1978
  • ピナ・バウシュと
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」 1977
  • 「睡蓮」 (1993 アムハースト)
  • 合田成男との対談
  • 慶應義塾大学記念行事「大野一雄の世界」 (1996)
  • ディヴィーヌ抄より (1996 横浜)
  • 北米ツアー (1993) 
  • 北米ツアー (1993) 
  • 「わたしのお母さん」 (1996 釧路)
  • ニュース (1996 ニューヨーク)
  • 「小栗判官照手姫」 (1993 藤沢)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「老人と海」(1959)
  • 「老人と海」(1959)
  • 「わたしのお母さん」(1981)
  • 「わたしのお母さん」(1981)
  • 「わたしのお母さん」(1986)
  • 「わたしのお母さん」(1987)
  • 東京新聞 1949.12.3
  • 新夕刊 1949.12.9
  • サン写真新聞 1957.1.25
  • サン写真新聞 1959.4.30
  • ル・モンド 1980.5.21
  • ダンスワーク vol.28 1980.12
  • アサヒグラフ 1980.8
  • ニュー・ヨーク・タイムズ 1981.7.31
  • ハイール 1983.3.11

News

  • ダンスアーカイヴプロジェクト作品
    4都市巡回公演:神戸・高知

    ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演の西日本版は、神戸と高知で開催します。札幌で上演される大野慶人「花と鳥」・川口隆夫「大野一雄について」に、神戸を拠点に活躍している、アンサンブル・ゾネ主宰・岡登志子の「手術室より」を加えた上演です。

    2017年11月18日(土)神戸アートビレッジセンター
    2017年12月9日(土)高知県立美術館ホール

    detailed information

    Dance Archive Project 2017 in Kobe & Kochi

    Dance Archive Project 2017 will present three pieces in Kobe & Kochi; Yoshito Ohno’s “Flower and Bird,” Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces” and Kobe-based choreographer Toshiko Oka’s “The Operation Theater.”

    Saturday, November 18th, 2017. Kobe Art Village Center
    Saturday, December 9th, 2017. The Museum of Art, Kochi

    detailed information
  • ダンスアーカイヴプロジェクト作品 4都市巡回公演:札幌

    アーカイヴ資料から、様々なアプローチで新しい表現を生み出す試み、ダンスアーカイヴプロジェクト。過去に制作され、いまだに進化を続けているダンスアーカイヴプロジェクト作品を4都市で上演します。

    2017年10月26日(木)19:30~ 大野慶人「花と鳥」
    2017年10月27日(金)19:00~ 川口隆夫「大野一雄について」
    会場: ターミナルプラザことにパトス(札幌市)

    detailed information

    Dance Archive Project 2017 in Sapporo

    Dance Archive Project 2017 will present two contrasting works in Sapporo; Yoshito Ohno’s “Flower and Bird” and Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno – Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”.

    Thursday, October 26th, 2017. 19:30-20:30 Yoshito Ohno “Flower and Bird”
    Friday, October 27th, 2017. 19:00-21:00 Takao Kawaguchi “About Kazuo Ohno –Reliving the Butoh Diva’s Masterpieces”
    Venue: Terminal Plaza KOTONI PATOS (Sapporo, Hokkaido)

    detailed information
  • 川口隆夫「大野一雄について」を上演します

    秋から始まるダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演。さいたま市では、ダンスアーカイヴを活用することで生まれた川口隆夫の「大野一雄について」を上演します。2013年の初演から世界中で上演され、なお成長を続けている作品です。

    2017年12月2日(土)・3日(日) 両日共15:00-17:00 (開場14:30)
    会場: 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

    detailed information

    Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno”

    Dance Archive Project 2017 will present Takao Kawaguchi’s “About Kazuo Ohno” in Saitama. This piece is the outstanding outcome of Kawaguchi’s research into Kazuo Ohno Archive.

    Saturday, December 2nd & Sunday, December 3rd, 2017. 15:00-17:00
    Venue: Sainokuni Saitama Arts Theater

    detailed information
  • ウィーンにて、大野一雄展開催

    ヨーロッパにおける最大規模のダンスフェスティバルのひとつ、ImPulsTanz(ウィーン国際ダンスフェスティバル)にて、大野一雄展を開催します。

    2017年7月15日(土)〜8月13日(日)
    会場: Odeon劇場(ウィーン)

    detailed information

    Exhibition “Homage to Kazuo Ohno” in Vienna

    At the ImPulsTanz−Vienna International Dance Festival 2017, Dance Archive Network will present the exhibition on Kazuo Ohno

    Saturday, July 15th — Sunday, August 13th
    Venue: Odeon (Vienna)

    detailed information

Newsletter

ダンスアーカイヴ研究のための会報を発行しています。

Support

ご支援のお願い

ダンスアーカイヴ構想の運営は、会費と寄付金で成り立っています。
趣旨と活動にご賛同頂ける皆様には、ぜひとも寄付金によるご支援をお願いします。

金額 一口3千円 (一口以上の金額にて申し受けます)

ダンスアーカイヴ構想より寄付金の領収書を発行します。申し訳ありませんが、まだ認定NPOでないため税制優遇はありません。
将来認定NPOとなることを目指していますので、一層のご支援をお願いします。
一口以上のご支援くださった方をダンスアーカイヴ構想共催事業公演にご招待します。
チケット価格と同額の寄附でご覧頂けますので、趣旨にご賛同頂ける方は寄附によるご観覧をお願いします。
お申込み、お問合せは、info@dance-archive.netにご連絡ください。
銀行口座:
三菱東京UFJ銀行 大井町支店
普通0044880
トクテイヒエイリカツドウホウジンダンスアーカイヴコウソウ

NPO法人ダンスアーカイヴ構想
〒140-0004 東京都品川区南品川5-11-19
Tel/Fax 03-3450-6507
法人番号 0107-05-002548

Appeal for Donations

Please support us in our efforts. Proper future administration of the Dance Archive Network will be ensured by contributions and donations from the public. For those who agree with our objectives and activities, please support us through your donations.
A minimum donation is three thousand yen, and multiples thereof.

DAN will issue a receipt indicating the amount of the donation. As of yet, DAN is not an accredited NPO so it cannot, to date, offer any tax incentives. DAN, however, aims to become an certified NPO in the near future, so we would greatly appreciate your continued support in helping us.
DAN will invite those who make a single donation of three thousand yen to a project co-produced by the Dance Archive Network. Given that a donation costs the same as an entrance ticket, DAN encourages those who agree with our objectives to view a performance by means of donations.

For applications and inquiries, please contact:info@dance-archive.net

Bank Account:
Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ LTD.
Address: 1-6-8 Oi, Shinagawa, Tokyo 140-0014
Account Number: 357-0044880 Swift Code: BOTKJPJT
Account Holder: Dance Archive Network

NPO Dance Archive Network
5-11-19 Minamishinagawa, Shinagawa, Tokyo 140-0004
Phone & Fax +81 3 3450 6507
Corporate Number : 0107-05-002548