理念

特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想は、大野一雄舞踏研究所を母体とし、そのアーカイヴ活動を引き継ぐ法人です。

大野一雄舞踏研究所を創設した大野一雄(1906-2010)は、1930年代から日本モダンダンスの先駆者等に師事し、舞踊家として活動を始めました。1960年代に土方巽等と「舞踏」と呼ばれる新たな舞踊形式を創出し、二十世紀の舞踊史に刻まれる優れた作品群を生み出しました。今日、「舞踏」は日本発のオリジナルな舞踊形式、「BUTOH」として広く国際的に知られ、世界の現代芸術に大きな影響を与えています。また、大野一雄アーカイヴは書籍・DVD出版、展覧会開催、ダンスフェスティバル企画等の活動を国内外で展開し、同時にダンスアーカイヴの意義を率先して周知することに努めてきました。

欧米では、ダンスアーカイヴは大学や公共文化施設の中に一般的に存在しますが、我が国では、舞踊学科を置く大学がひじょうに少なく、また文化施設においても現代舞踊の歴史資料保存公開に取り組む公的機関はほとんどありません。舞踊作品は主として舞台で演じられる実演芸術のため、終演後に作品そのものが残ることはありませんが、作品に関連する多くの資料が残されます。この一次資料は、個々の舞踊家、舞踊団、舞踊関係者の元に置かれ、保存されることがほとんどです。こうした「プライベートアーカイヴ」の主な問題点は、運営基盤の脆弱さと資金調達の困難にあります。その結果、世代を超えて貴重資料を保存し公開するための運営が危機にさらされ、甚だしい場合は資料が消失することも少なくありません。このような現状は、舞踊文化の継承に障害とならないでしょうか。

特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想は、大野一雄アーカイヴの活動を引き継ぐと共に、このような問題点に向き合って、新しいダンスアーカイヴの形を模索します。未来のダンスアーカイヴは、舞踊文化の継承と創造に積極的に寄与すべき機関と考えます。従って、私達のダンスアーカイヴは、これまで資料室として扱われてきたアーカイヴから拡張し、ダンスアーカイヴを活用する研究や創作、発表の事業主体として活動する運動体としてのアーカイヴです。

ダンスアーカイヴ構想は次のようなことをおこなうNPO法人です。
舞踏及び日本洋舞史の重要な一次資料の収集、保存、公開
・ アーカイヴ資料を活用するコンテンツ企画制作(公演、展示、出版等)
・ アーカイヴを集積するためのデータベースの開発と普及
先端技術を駆使するアーカイヴ手法の開発と普及(VRなど)
アーカイヴの国際ネットワーク構築
文化施設、教育機関等へのアーカイヴ資料活用の事業提案

ダンスアーカイヴ構想は基本理念に基づき、新たなダンスアーカイヴ構築に向けて理想を掲げ、積極的に活動し、公明正大な運営を行って行きます。皆様方のご支援をお願い申し上げます。

NPO法人ダンスアーカイヴ構想
理事 溝端俊夫

開く

アーカイヴ

ダンスアーカイヴ構想では、チラシやプログラム等の公演資料、写真、映像、創作メモ等、大野一雄・慶人の資料約25,000点を収集しています。今後は、舞踏の源流であるモダンダンスにも視野を広げた資料収集・データ整備を進めていきます。
データ化したアーカイヴ資料は順次公開していく予定です。(※以下は、ほんの一例です)

  • 土方巽DANCE EXPERIENCEの会 (1960)
  • 「O氏の死者の書」 (1976)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • 「わたしのお母さん」初演 (1981)
  • イスラエル公演 (1983)
  • 「花鳥風月」 (1992)
  • 「御殿、空を飛ぶ」 (1993)
  • 「小栗判官照手姫」 (1993)
  • 「20世紀への鎮魂」 (1999)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • 南米公演 (1986)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」 (1991)
  • 「御殿、空を飛ぶ」 (1993)
  • ソウル舞踏フェスティバル (1993)
  • 全米ツアー (1993)
  • パレ・ロワイヤル公演 (1994)
  • 大野一雄100歳の年記念 (2006-7)
  • 大野一雄百歳の年ガラ公演「百花繚乱」 (2007)
  • 大野一雄現代舞踊第一回公演 (1949)
  • 大野一雄舞踊団モダーンダンス公演 (1953)
  • 大野一雄モダンダンス公演老人と海 (1959)
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演 (1977)
  • ナンシーフェスティバル (1980)
  • ストックホルム公演 (1980)
  • 「わたしのお母さん」初演 (1981)
  • ブラジル公演 (1986)
  • ヘルシンキフェスティバル (1991)
  • 「蜂」 1951
  • 「バラ色ダンス」 1965
  • 「老人と海」1959
  • 楽屋にて 1987
  • 「わたしのお母さん」 1986
  • 「無限祭」にて 1978
  • ピナ・バウシュと
  • 「ラ・アルヘンチーナ頌」 1977
  • 「睡蓮」 (1993 アムハースト)
  • 合田成男との対談
  • 慶應義塾大学記念行事「大野一雄の世界」 (1996)
  • ディヴィーヌ抄より (1996 横浜)
  • 北米ツアー (1993)
  • 北米ツアー (1993)
  • 「わたしのお母さん」 (1996 釧路)
  • ニュース (1996 ニューヨーク)
  • 「小栗判官照手姫」 (1993 藤沢)
  • 大野一雄の1980年-国際的な言説の運動とパフォーマンス/武藤大祐(群馬県立女子大学)
    (クリックするとPDFファイルが開きます)
  • 大野一雄のダンス教育に関する一考察/高橋和子(横浜国立大学)
    (クリックするとPDFファイルが開きます)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「アルヘンチーナ頌」(年代不明)
  • 「老人と海」(1959)
  • 「老人と海」(1959)
  • 「わたしのお母さん」(1981)
  • 「わたしのお母さん」(1981)
  • 「わたしのお母さん」(1986)
  • 「わたしのお母さん」(1987)
  • 東京新聞 1949.12.3
  • 新夕刊 1949.12.9
  • サン写真新聞 1957.1.25
  • サン写真新聞 1959.4.30
  • ル・モンド 1980.5.21
  • ダンスワーク vol.28 1980.12
  • アサヒグラフ 1980.8
  • ニュー・ヨーク・タイムズ 1981.7.31
  • ハイール 1983.3.11

最新ニュース

  • 舞踏アーカイヴプロジェクト
    舞踏リサーチ:日本国外における舞踏の実態調査

    日本国外を拠点とて舞踏活動をしている方を対象としたアンケート調査を実施します。

    12月20日(木)まで

    詳細情報
  • 木野彩子レクチャーパフォーマンス
    『ダンスハ體育ナリ?』

    Dance Archive Project 2016初演の其ノ一「ダンスハ體育ナリ―体育教師トシテノ大野一雄ヲ通シテ」と、Dance Archive Project 2018初演の其ノ二「ダンスハ體育ナリ?―建国体操ヲ踊ッテミタ」を、一挙上演。

    2018年10月6日(土)・7日(日) ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター

    詳細情報
  • これはダンスか? 「大野一雄」は終わらない。
    大野一雄展 日常の糧 ~103歳で逝った舞踏家の生活をたどる

    未公開資料を含む、スナップ写真やビデオ、近親者の証言などから、生活者「大野一雄」に迫る展覧会。

    2018年9月28日(金)~12月8日(土) 若山美術館(東京・銀座)

    詳細情報
  • Week-days Show! 平日夜にダンスをみよう
    戦争に反対したダンス 緑のテーブル2017

    2017年3月神戸で初演、今年4月に愛知で再演した「緑のテーブル2017」。ついに東京公演が決定しました。

    2018年9月5日(水)・6日(木) ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター

    詳細情報
  • Dance Archive Project 2018
    木野彩子レクチャーパフォーマンス
    「ダンスハ體育ナリ? 其ノ弐 建国体操ヲ踊ッテミタ」

    今年2月の建国記念日に上演した「建国体操ヲ踊ッテミタ」。面白くてためになる、目から鱗のレクチャーパフォーマンス、大好評につき再演決定!

    2018年5月12(土)  明治神宮外苑 聖徳記念絵画館会議室

    詳細情報
  • 舞踏アーカイヴプロジェクト
    舞踏の実態調査にご協力下さい

    舞踏の現況を把握するために、アンケート調査を実施します。ご協力をお願いいたします。

    3月7日(水)まで
    詳細情報

  • 『大野慶人の肖像』出版のお知らせ

    四方田犬彦著・ダンスアーカイヴ構想編の新刊『大野慶人の肖像』を刊行しました

    詳細情報
  • Dance Archive Project 2018
    Takao Kawaguchi / Digital 3D in Motion
    川口隆夫が紡ぐ「大野一雄」の動きの完全再現をデジタルデータ化する。
    詳細情報
  • 舞踏アーカイヴプロジェクト(BAP)
    ダンスパフォーマンス「ザ・シック・ダンサー」~土方巽『病める舞姫』をテキストに
    詳細情報

舞踏アーカイブプロジェクト

舞踏は70年代後半以降、世界中の舞踊、演劇、アートフェスティバルから招かれるようになり、舞台芸術の枠組みを超えて広く影響力を発揮してきました。その一方で、舞踏とは何かという問いに明確な答えはなく、その活動の全体像は依然として明らかになっていません。舞踏のワークショップには各国から参加者があり、様々な国で様々に舞踏を追求しているアーティストが存在していることが窺えます。国境を超えて訴える力のある、この無形の財産を継承していくため、舞踏の研究・創作に資するアーカイヴ構築を目的として、NPO法人ダンスアーカイヴ構想では、舞踏アーカイヴプロジェクトを進めていきます。

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の平成29年東京芸術文化創造発信助成【長期助成プログラム】の助成を受け、2018年2月に、本リサーチプロジェクトのキックオフイベントとして、土方巽に影響を受けた公募作品のオールナイト上演を行い、また、舞踏の現況を把握するための国内アンケート調査を行いました。今後、調査対象を海外にも広げ、世界における舞踏の動向を把握し、舞踏アーカイヴ構築に向けての足がかりを定めていきます。

< 活動報告 >


ご支援のお願い

ダンスアーカイヴ構想の運営は、会費と寄付金で成り立っています。
趣旨と活動にご賛同頂ける皆様には、ぜひとも寄付金によるご支援をお願いします。

金額 一口3千円 (一口以上の金額にて申し受けます)

ダンスアーカイヴ構想より寄付金の領収書を発行します。申し訳ありませんが、まだ認定NPOでないため税制優遇はありません。
将来認定NPOとなることを目指していますので、一層のご支援をお願いします。
お申込み、お問合せは、info@dance-archive.netにご連絡ください。
銀行口座:
三菱UFJ銀行 大井町支店
普通0044880
トクヒ)ダンスアーカイヴコウソウ

NPO法人ダンスアーカイヴ構想
〒140-0004 東京都品川区南品川5-11-19
Tel/Fax 03-3450-6507
法人番号 0107-05-002548